セドナ4日目‐‐子宮の洞窟へ

3月2日 午後

ワンダのセッションを終え、急いで亜矢子さんの待つ宿へ。

やっと、ちゃんとしたトレイル歩き♪
今日の予定は、ヴォルテックスの一つ、ボイントンキャニオンと
子宮の洞窟!
前からチェックしていた、子宮の洞窟(Birthing Cave) へ行ける♪
ワクワク♪

いざ、出発!

ハイウェイ89号線を西に・・・
Dry Creek Road を右折ね。

うーん、見当たらない・・・なんか、景色がすごい変わっちゃったなー
と思って運転していたら、となり町まで来てしまってました。

見過ごした!
Uターンして、なんとかDry Creek Road を見つけ、トレイルヘッド(入り口)へ。
トレイルを少し歩くと、亜矢子さんが、『あ、なんか・・・ここで歌ってもいい?』
彼女が歌いだしました。 彼女はボイスヒーラー。
彼女曰く、歌うことによって、自然も癒されるのだそうです。

子宮の洞窟へは、Long Canyon Trail を歩き、途中で、トレイルから
外れたところを歩いていくのでした。
私は初めて、亜矢子さんはうろ覚えだったので、本当にたどり着けるか
不安でしたが・・・f0055799_23281445.jpg
この景色を亜矢子さんが見て、確信。
この道で大丈夫だった~。 ホッ。

セドナ初日は気温10度以下だったのに、4日目ともなると、15度くらい。
しかも、陽が当たっていると、体感温度はそれ以上。
軽く汗ばんでました。

何分くらい歩いたか・・・30分くらいでしょうか。。。
子宮の洞窟に到着~☆

f0055799_23453047.jpg
写真では分かりにくいけれど、かなり踏ん張って立ってます。
傾斜度は90度に近いのでは・・・?
私の斜め上の黒い窪みは、亜矢子さんが、「ここから生命が誕生したと
言われている場所」と教えてくれました。 (私の記憶が正しければ)

f0055799_23585935.jpg
横になって、上を見上げるとこんな感じ。
そう、ホントに子宮のようにすっぽりと包んでくれる空間なのです。

しばらくして、亜矢子さんがまた歌いだしました。
私は疲れて、ただ、ぼぉーっと景色眺めているだけ。
すると、亜矢子さん、『あの・・・Namikoさん、ヒーリングしてもいい?
なんか、スピリットが、Namikoさんにヒーリングが必要だと言ってるんですけど。』
と聞いてきたので、喜んで彼女のボイスヒーリングを受けました。

その後、この岩、というか壁というか・・・に耳を当てて、ハミングしてみました。
チューニングしたかったのかな。
気持ちいい~~

私のハミングに合わせ、亜矢子さんも歌いだしました。
2人の声が響きあっている感じ・・・

波動を感じるとか、エネルギーを感じるとか、「何か」が視えるとか・・・
そういうこと、よく分からないし、視えないです。 
敏感に感じ取れる人っていいなぁ、ってうらやましがっていたけれど
分かんなくても、それはそれで、いいのかな。
「気持ちいい」ってことを感じることができただけ十分なのかも。。。

そんなこと考えてました。

f0055799_0172889.jpg
この景色も美しい~☆

そして、ボイントンキャニオンへ。

思い出しました。
そうそう、前回(2003年)、ここに来た!
前回は人に連れて行ってもらっていたので、名前と場所があやふやでした。
やっと一致。

トレイル最終地点(頂上?)には、けっこう人がいました。
瞑想してる人、休憩してる人、ウロウロしている人・・・
私のお気に入りの場所に他の人が座っていたので、なんか落ち着かず
ウロウロ・・・

4時間くらい歩き続け、体は疲れているけど、エネルギーは消耗していない感覚。
これが不思議です。
なんと説明していいか。。。
とにかく、日頃の運動不足を反省するくらい疲れているのに、歩けるんです。
これが、このヴォルテックスのパワーなんでしょうか。。。

夕方、早めのディナー。
亜矢子さんオススメのピザ屋さんへ。 
美味しい~&大きい~~

サラダとピザを1品ずつ注文。 
これサラダです。 Sサイズ。 大きい! さすがアメリカ。
f0055799_0372049.jpg
となりのレモンを見れば、このお皿がどのくらい大きいか
想像してもらえるかしら・・・

こっちに来てうれしかったのは、全席禁煙ってこと。
入ったお店がたまたまそうだったのかもしれませんが、とにかく
安心してどこにでも座れるって、とっても快適♪

この日も10時半過ぎには就寝~♪
早いなー
[PR]
by rose_light | 2007-03-26 00:44 | Sedona
<< 心の目 セドナ4日目‐‐ワンダのセッション >>