2006年 02月 24日 ( 1 )

すごい!

今朝起きて、TVを見たら、荒川選手がフィギュアスケートで
金メダル!というニュースが流れてました。

トリノオリンピックが始まってから、メディアは「メダルはまだゼロ」
「いや、あまりメダル、メダルというのは・・・でも残念」ということばかり。
そして、選手たちは「メダルとれなくてスミマセンでした」と。。。

私の中にも、「いいじゃん、そんなに煽らなくたって」という気持ちと
「あー残念、あともう少しだったのに」という気持ちが交差。

彼女は、そんな国民からの見えないプレッシャーをはねのけ
ただただ平常心/無心で、いつものとおりのパフォーマンスを
してくれたんですねー。

前回のオリンピックの選考で落選したり
2年前の選手権で優勝した結果、目標が消えてしまったり
若い選手がどんどん育って、自分が抜かれた気分になったりして
やる気、集中力を保つのが難しくなり、引退を考えていたみたいです。

そんな表面からは見えない、彼女の葛藤や苦悩を知って、さらに
彼女が金メダルをとったことに感動しちゃいました。
今日、何度か彼女のパフォーマンスを目にすることができましたが
いやー、ホントに優雅で美しかった!
 
[PR]
by rose_light | 2006-02-24 21:37 | イタリア