<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

固定観念

昨日、「がん患者さんのサポートの会」に
見学者&ボランティアとして初めて参加しました。

主催者は、消化器外科のHセンセイ。
定年まであと一年、ってところで大学病院を退職し
(フリーターのように?)ホスピスや他の病院をまわりながら
西洋医学の枠を超えて、「心」を基盤にした癒しを目指して
道を探している方です。

ある方に、Hさんを紹介してもらい、このサポートの会で、初めて
お会いすることになりました。
この会は、Hさんの人柄に惚れた元患者さんや、そのご家族が
集まって、様々な悩みを分かち合う、という会。 
参加者によって、会の議題が変わる、というもので、Hさん自身も
当日はどういう流れになるか分からないようです。

昨日の会は、「なぜがんになるのか?」「ストレスの結果なのか?」
に端を発し、「命とはなんなのか?」というけっこうディープなもの。
Hさんの西洋医学的な原因の説明や、カウンセラーの方からの説明の後
私の番になって、私が勉強したポラリティセラピーの観点から、がんと
関係する心の持ち方(がんになりやすい人のタイプ)をストレスと絡めて
説明しました。

ポラリティの観点から言うと、それは「頑固」「固定観念を強く持っている」
「新しい行動を受け入れられない」等々ですが、その説明の後
ある方が、「私はね、時間通りに物事を進めないと、イライラするのよ。
でももうこれは性格だから、変えられないわ。」と新たな議題を。
別の方が、「そうねぇ。そんなに簡単に自分を変えることなんて・・・
難しいですよね。今まで自分の中で当たり前だと思っているものを
変えるとなるとねぇ・・・」

「皆さんは、頭の中で、固定観念は変えられない、と決めつけてますよね。
でも、『固定観念を変えられない』ととるか、『変えるのは簡単』と思うか。
どっちも選べるんですよ。」とカウンセラーの方。

そんな意見がいろいろ飛び交って、私自身もちょっと混乱。
私も昔はかなり頑固で(今は“チョット頑固”くらいに柔軟になりましたケド)
人の意見はとりあえず聞くけど、変えない、ってことが多くありました。
「そんな事言われたって、変えられない」って。。。

でも、あるひとのアドバイスで、「小さいことでいいから変えて、脳(無意識・魂)に
『ほら!変えることできたじゃない!』という達成感を体験させてあげる=自分を
変えることができる、と認識させてあげるのが大事」と言われました。

その「小さいこと」っていうのは、たとえば、朝起きてから、家を出るまでの
パターンを変えること・・・
起きる→トイレ→TVをつける→朝食→新聞→着替え→歯磨き  
               から
起きる→新聞→TVをつける→着替え→朝食→トイレ→歯磨き
とか、いつもと違う道順で駅まで歩く
という、こんな簡単なこと(でも思ったより難しいこと)でいいらしいです。

なぜ自分を変えたいのか、変えられないと思うのか、自分の思考パターンは・・・と
自問自答を繰り返し、内観し、こういう「小さいこと」を実践したり、ワークショップや
ヒーリングを受けたりして、現在は、前より、ずっと楽な自分になってます。

会の最中、Hさんに目をやると、落ち着いた、優しい眼差しで、参加者の方を
見守っていて、心が落ち着く感じがしました。 達観されているというか・・・

やはり、相手に安心感をもたらすことができるのは
自分が柔軟である=相手を受け入れる・・ってことが大切だなー、と
思いました。

柔軟に・・・って自分が楽しく、無邪気に、心地よく生きるってことかな~?
まだまだ修行ですな。。。
[PR]
by rose_light | 2006-02-28 22:37 | ひとりごと

チャクラ

さっき、ジャンクスポーツ(フジテレビ)を見てたら
天才(アマチュア)ゴルフ少年と言われている伊藤くんがゲスト出演。
7歳からゴルフを始めて、現在15歳。和製タイガー・ウッズとも
言われてるらしい。

今日のテーマは『勝負どころ』
アスリートたちが、ここ一番の勝負を強いられた時に
いかにプレッシャーを克服し、勝ってきたのか・・というもの。

アスリートが、「○○という場面で、がんばって、勝ちました」
みたいなことを言うと、司会の浜ちゃんが、「おいおい、自慢してるよぉー」
と突っ込み。
笑いに持っていってるけど、でもやっぱり、すごいよねー。
ここ一番!に力を出せるんだから。

そして、伊藤少年にも質問が。
彼が言うには、「プロと一緒の試合で、第一打で、球がすっごい横に逸れて
林の中に入ってしまった時、どうにかして、第二打はグリーンに!と思って
いたらチャクラが降りてきて・・・周りの酸素がチャクラになった感じがして・・
(木で覆われてるので実際には見えない)グリーンが見えて・・
そこにめがけて振ったら、グリーンにオンしました」とのこと。
(カットされてたのかもしれないけど、これじゃ、説明不足だわねー)
浜ちゃん、そこでまた、「なんや、チャクラって?」と、つっこみ。

みんなケラケラ笑ってたけど・・・

彼の口から、チャクラって言葉が出てきたのもビックリだったけど
もう、テレビでその言葉が出る時代になったんだー、ということにも
ビックリ。

最近、『オーラ』『前世』『スピリチュアル』『波動』類の言葉がテレビで
(怪しい言葉ではなく)出てきてて、ニューエイジとか、精神世界に
興味持ってるひとたちが「ヘンな宗教にはまってるのでは?」
とか、「オカルトチックなアヤシイひと」という偏見から、少しずつ
解放されてるような気がしてたけど、私が思っているより、もっと
一般に受け入れられてきてるのかも。。。

伊藤少年曰く、その日は、マンガを見るように、次から次へと
自分の球がどういう方向に飛ぶのか、(打つ前から)場面が見えて
実際そのようになったとのこと。

これって、彼の“第三の目”のチャクラが活性化してるってことなのかしら?

なんか、新しい時代がやってきてるんだなー。。。

*チャクラとは:
インドのサンスクリット語で「輪」「車輪」を意味します。
おおざっぱにいうと、身体の中心線上にあるエネルギースポット。
ヨーガ行者が超感覚的視覚でチャクラをみた時に車輪のように見えたから
こう呼ばれてるみたいです。
「第三の目」のチャクラは、眉間のあたりに位置し、直感力、洞察力、先見性
を司るといわれてます。
[PR]
by rose_light | 2006-02-26 23:03 | ひとりごと

すごい!

今朝起きて、TVを見たら、荒川選手がフィギュアスケートで
金メダル!というニュースが流れてました。

トリノオリンピックが始まってから、メディアは「メダルはまだゼロ」
「いや、あまりメダル、メダルというのは・・・でも残念」ということばかり。
そして、選手たちは「メダルとれなくてスミマセンでした」と。。。

私の中にも、「いいじゃん、そんなに煽らなくたって」という気持ちと
「あー残念、あともう少しだったのに」という気持ちが交差。

彼女は、そんな国民からの見えないプレッシャーをはねのけ
ただただ平常心/無心で、いつものとおりのパフォーマンスを
してくれたんですねー。

前回のオリンピックの選考で落選したり
2年前の選手権で優勝した結果、目標が消えてしまったり
若い選手がどんどん育って、自分が抜かれた気分になったりして
やる気、集中力を保つのが難しくなり、引退を考えていたみたいです。

そんな表面からは見えない、彼女の葛藤や苦悩を知って、さらに
彼女が金メダルをとったことに感動しちゃいました。
今日、何度か彼女のパフォーマンスを目にすることができましたが
いやー、ホントに優雅で美しかった!
 
[PR]
by rose_light | 2006-02-24 21:37 | イタリア

鏡の法則

先日、ある人から、ある記事が転送されてきました。

内容を軽く説明すると:

自分の息子がいじめにあって悩んでいている主婦が
夫の知り合いに相談し、その人のアドバイスによって
自分の父親や夫との関係を振り返る・・・
一見、息子のいじめと無関係にみえるが・・・

といった感じでしょうか。

ちょっと長かったんですけど、読み始めたらどんどん
引き込まれて、気付いたら、涙がこぼれていました。

良かったら読んでみてください

読み終わった後、私も、父親とのことを考えてしまいました。
小さかった時は、大好きだったパパ。
10代の反抗期になると、うるさいジジイ。
そして、20代は、口もあまり利かない、利いたとしても
文句を言ったり、叱りつけたり・・・
30歳になって、親と離れて暮らすようになってから
素直に「ありがと」と言えるようになったかなぁ・・・と。

何か暖かいものがハートに残りました。
[PR]
by rose_light | 2006-02-22 23:06

松ヤニパック

渋谷と表参道の間にある、セルフエステに行ってきました。
ここでの「売り」は松脂パックと、天然ジェル基礎化粧品です。
この基礎化粧品は、油分も界面活性剤も入っていないもので
このジェル膜が汚れ、乾燥、紫外線から肌を守ってくれるのだそうです。

この商品も興味深いのですが、さらに興味深いのが
松ヤニパックです。

“松ヤニ”と聞いて、バスケ部時代、ボールを磨く、あの油脂を
思い出しましたが、出てきたのは、トロトロに溶けた松ヤニでした。
天然の松ヤニと蜜蝋を原料にした温パック。
見た目はハチミツみたい。 

木のヘラですくい取って、手の甲で練って、それを顔に塗っていきます。
これが、慣れるまで難しくて、早く、むらなく広げないと、温度が下がって
松ヤニが固まっていっちゃうんですねー。

上手なひとは、ていねいにヘラを動かして、仮面のように
顔に広げていってます。 私には無理ですが。

顔に塗って、少し経つと、松ヤニが程よく固まるので
それを毛の流れに逆らって、ベリッと剥がします。
これが痛い! でも産毛や毛穴の汚れが取れていく・・・
快感♪

某社の毛穴すっきりパックを使ったことのある方なら
あれを剥がした後、どれだけ小鼻の周りが汚れていたか
つい見ちゃう、あの気持ち分かってもらえると思います。

口周りの産毛も取れて、つるんつるん♪
別に、産毛取りのためだけのパックではなく、温熱効果もあり
顔の血行も良くなるとのこと。
ニキビ、シミ、そばかすにもいいらしいです。

塗っては、剥がし、どれだけ産毛や毛穴の汚れが取れたかチェック。
これのくりかえしで約1時間半。。。
もう、無言で集中。 ある意味、瞑想状態なのかも・・・?

10日に1回は行ってるかしら。 でもトータルで5千円くらい。
けっこう、リーズナブルだと思います。
肌はスベスベになるし、半瞑想状態(?)になれるし・・・
これからもお世話になりそうです。。。
[PR]
by rose_light | 2006-02-20 23:30 | 美容・健康

自画自賛!

デパ地下を通っていたら、いい匂いが・・・
あ、ギョーザだ♪
私の好きな食べ物のひとつです。

一人暮らし始めた頃は、食事を作るのが楽しくて
いろんなものを作ってたけど、5年目ともなると
だんだんとおっくうになって、簡単な炒め物や
パスタ、出来合いのもの・・・と手抜きし放題。

その上、“ナチュラル生活もどき”を始めてから
「今日はお肉食べたい!」という欲求が薄れていたので
最後にギョーザを作ったのは、1年くらい前でしょうか。

でも、今日は「ギョーザ作ろう!」という気になったんですね。
思い立ってからすぐに行動しないと、また
「ま、今日じゃなくてもいいか・・」と面倒くさいモードに入ってしまうので
気が変わらないうちに、急いでスーパーへ。
 
キャベツ、ニラ、にんにく、豚肉、ギョーザの皮を買って
クッキングスタート。

野菜をフードプロセッサーで切って(とっても便利)
塩を振って、水分を切り、お肉と混ぜ混ぜ。
今日は、オイスターソースも入れてみました。

実家で作ってた時は、この塩振りを怠っていたため
皮に詰めるとき、ちょっと水っぽくなってました。
でも今回は、いい感じです。

20個作って、そのうちの7個をフライパンへ。

f0055799_0281493.jpgf0055799_0283755.jpg


市販のギョーザは肉が多いですけど、私の作ったギョーザは
ほとんど緑(野菜)です。

焦げ目も程よくできて、口に入れたら、パリッ、ホクッ、ジュワー!
うわっぁ、お、おいしい! 
自分でいうのもなんですが、ホント美味です。

最近は、頭の中も部屋もごちゃごちゃで、雑務をこなしているうちに
食事の時間がきてしまい・・・空腹を満たすために、何か作らなきゃ、と
それなりのものをササッと作って、口の中に入れていたようなきがします。

自分が作ったものを、こんなにワクワクしながら食べたのは
正直言って、久しぶりでした。

やっぱり料理は面倒なところもあるけど、楽しいし、おいしければ
なおうれしいものだなー、とつくづく思いました。
[PR]
by rose_light | 2006-02-19 22:57 | 美味し♪

結局はいい日?

昨夜あたりから、ちょっと落ち込むことがあって
今朝も、それを引きずったまま、モヤモヤ。。。
他人と自分を比べてしまって、自分のふがいなさ
というか、行動力の遅さにガックリしていたのです。
「私ったら、一体、何グズグズしてるんだろう・・・?」と。

比べる必要ないのに、勝手に比べて、勝手に落ち込んでる。 
そんなバカな自分に気づいて、また落ち込む・・悪循環です。

あ、でも今日は用事があった!
NPOみらいじまの一般参加&ボランティアの説明会。
悩んでいても、約束は約束・・と急いで準備してお出かけ。

参加者は、私の他に、男性1人、女性1人。
男性は会社員。
女性のNさんは、数ヶ月前に“会社人”を辞めて、オーラソーマや
カウンセリングを勉強中だとか。

なんか、自分の内面と向き合って、人生を模索しているひとに
出会うことが、近頃多いです。
今の自分がそうだから、そういうひとを引き寄せてるのかも?

Nさんも、私がやってる、ポラリティセラピーに興味を持ってくれて
説明会の後、一緒にご飯を食べることに。。。

「なぜ会社人を辞めたのか」とか、「今までのつらい体験から
何を感じ、学び、そして今の自分にどう活かされてるのか」
「どういう人生を歩んできたのか」などなど・・・
とても初対面とは思えないほど、かなりディープな話をしました。

Nさんは、とても前向きで、行動的で、直感的でありながらも
計画性もあるひとでした。
彼女と話していたら、途中、また自分と比べて、今朝の自己嫌悪が
頭をよぎったけれど、それよりも、彼女のいい波動のほうが
勝っていたようで、モヤモヤ感がしだいに、薄れていきました。

説明会は、1時間ちょっと。でもNさんとの会話は3時間近く。
今日のメインはどっちだったんだろう・・・?
彼女と出会うべくして、出会った、という感じです。

その後、ビックカメラでお買い物。
レジに行ったら、店員さんが「あ、当たりです」と言って
ベルをチャリンチャリン♪
他の店員さんも拍手で「おめでとうございます」
「え?なんですか?」
「当たりが出たら、代金が無料になるキャンペーン中なんです」と。
「あ、あの50人に1人の・・?」
「いえ、100人に1人です」

ワオ! 今までそんなことに、無縁だった私が??
ラッキー☆

今朝は、かなり凹んでいて、この気持ちのまま一日を過ごすの?
と心配していたけど、Nさんとの出会い、ビックカメラの“当たり”の
おかげで、いい日に変えることができました。

さーて、明日も楽しく過ごそ。。。
[PR]
by rose_light | 2006-02-17 22:11 | ひとりごと

都会のオアシス

今日は、東京は暖かかったですね☆
あまりにも気持ちよかったので、お出かけしちゃいました。
新宿御苑まで。。。

新宿御苑は新宿駅から歩いて10分ぐらいの所にあります。
ここは私のお気に入りの場所のひとつ。
週末やお花見の時期は、混んでて、ゆっくりできないけど
今日のような、平日は空いてて、ボーっとしたい時には最適。





だだっ広くて、大きな木が
立ち並ぶこの空間の後ろは
高層ビル。
このミスマッチな感じが好き。











この小路を通った時、緑の香りが・・・













ここ日本?と思わせるような・・・










ゆっくり、まったり歩いたり、ベンチでボーっとしてたらあっという間に1時間。  
たまにヘリコプターのバタバタする音とかパトカーのサイレンとか
聞こえるけれど、あの新宿の喧騒からは想像もできないほどの静けさ。

ホント、都会のオアシスです。
[PR]
by rose_light | 2006-02-15 22:43 | おでかけ

マイブーム♪

f0055799_234922100.jpg
イタリア語レッスン3回目。
先週に引き続き、あいさつの練習です。
まぁ、1週間もやってないと、忘れるっていうか
口が回らないと言うか・・・

「私の名前は○○です。 あなたは?」
この丁寧語バージョンが、なかなか覚えられない!
簡単なハズなのに。。
そんな自分がもどかしい。

クラス終わって、本屋へ直行。
クラスで使っているテキストは全てイタリア語なので
やっぱり、日本語で説明してくれる本が欲しくなっちゃいました。

「ゼロから始める~」とか「驚くほど身に付く~」など
心揺れるタイトルの本がいっぱい。
どれがいいのか分からないから、もうとにかく、ペラペラめくって
何度もチェックしました。

で、買ったのが上の本です。
最後の決め手は・・・字が大きかったこと、文法メインじゃなかったこと、
そして、棚に1冊しかなかったことでしょうか・・・? 

気付いたら、「イタリア語」のセクションに1時間以上もいました。
でも、レジに行く前に、「地球の歩き方」を立ち読み。
そして、またレジに行こうとして、雑誌のセクションを通ると、という
雑誌を発見!(やっぱり「イタリア」という文字に敏感になってるから
発見の確立が高いんでしょうね)
思わず手に取り、立ち読み。
建築物、教会、街並み・・・日本とは別の美しさ、歴史を感じます。
心はすっかりイタリア気分♪ 

疲れたなぁ、と思って、時計を見ると、それからまた1時間経ってました。。。

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

あ、余談ですが、レッスンの後、教室の代表、カーティアが来て、
写真を撮らせて欲しい、と言ってきました。
センセイとクラスメートと、レッスン風景(わざとらしく笑ったりして)の写真を
何枚か撮りました。
ケイコとマナブに載せるみたいです。
どの写真が採用されるか分からないけど、もしかしたら、私の写真が
出たりして・・・? 
[PR]
by rose_light | 2006-02-14 22:48 | イタリア

13回忌

久しぶりに実家へ。
親に会いに、というより、今回は12年前に他界した
Mくんのお家にお線香をあげに行く、というのがメイン。

Mくんは中学の同級生。
かっこよくて、頭良くて、スポーツもできて、やさしくて。
後で聞いたけど、大学時代は、雑誌のモデルもやってたみたい。

1年しか一緒のクラスではなかったけれど
二人で学級委員やったり、高校に入ってからも
中学の仲間と、ご飯食べに行ったりして・・結構仲が良かった。

最後に会ったのは、成人式。
彼の訃報を聞いたのは、まだ20歳台前半の時。
当時、私は留学先にいて、親からそんな話を聞いても
あまり実感が湧かなかった、っていうか、信じられなかった。

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

M家を訪ねたのは、それから何年かした後。
お仏壇の周りには彼の写真が数枚。
美しいMくん。
ホントに逝っちゃったんだ。
まだいろいろやりたいこともあっただろうに。

あっという間に13回忌。

この12年、私は何を体験し、何を味わい、何を感じて
生きてきただろう・・・?
恋愛して、仕事して、勉強して、旅行して、泣いて、笑って・・・
Mくんは、(今生では)もうできないんだ。
それを思うとくすぶってる暇はない、と反省。

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

お線香をあげた後、おばさんとおしゃべり。
○○クンは結婚した、とか、△△クンには子どもができたとか。
「あなたは?」「私は、まだですよ、相手もいないし。。。」
「大丈夫よ。でも結構、条件厳しいの?」
などなど、取り留めも無い話を1時間。

彼の高校時代の何人かの友達は、今でもMくんのご両親に
年賀状を出したり、大晦日にはM家を訪れるらしい。
これって、Mくんの人柄の良さを表していると思った。

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

実家に行き、母におばさんとの会話を話すと
「Mくんのお母さんの心境は複雑ね。 
息子を忘れられるのもつらいけど、お友達が、結婚したり
子どもができたりしてる姿を目の当たりにしてるんだよ。
自分の息子は、もうそういうことできないのに。」

確かに。 それもあるかも。 
やはり、「母親」としての観点ね。

なんか、ディープな一日だった。
[PR]
by rose_light | 2006-02-13 23:05 | ひとりごと