<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

イベントのお知らせ♪

12/4(月)、千代田区麹町でflowのメンバーと一緒に、音叉の体験会を開きます。

音叉って・・・?
f0055799_2355155.jpg
↑これです。 当日は、これ以外の種類も用意しています♪

「音叉で遊ぼう ~音を感じる、カラダを感じる~」 フィジカルボディ編
「音叉講座」ではなく、お遊びチックな感じで進めていくつもりです。
フィジカルボディでどんなことを感じるか、を体験して楽しもう、って会です。

実際、flowメンバーとミーティングのとき、いろんな音叉を使って
試していたら、あれもこれも・・・と予定の時間を過ぎてしまったくらい
楽しんじゃいました。

かなり面白いです。

[日時]12月4日(月) 18時30分~21時30分

[会場]千代田区麹町
    半蔵門線半蔵門駅 もしくは、有楽町線麹町駅から徒歩5分
   (会場の詳細については、参加者の方に後ほどお知らせ致します。)

[参加費]4,000円 (オーガニックなお茶とお菓子含む)
    当日現金にてお支払いください。

[お問合せ/お申込み方法] 
    こちらのメールフォームからお申し込みください。

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

それと・・・

12/9(土)、ポラリティセラピーの体験セッション会をオープンセサミで行います♪

時間枠 ・・・10時半・・・○
      ・・・13時・・・・・×
      ・・・15時・・・・・○
      ・・・17時・・・・・○

となっています。

トータルで約90分。 5000円です。

詳細は後ほど~
[PR]
by rose_light | 2006-11-30 00:19 | お知らせ

遥かなる約束

昨夜のフジテレビのドラマ、「遥かなる約束」 を見て号泣。

二夜連続で、「奇跡の夫婦愛スペシャル」ってことで、見る気は
なかったのに見てしまったのですが・・・

「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ)で放送された実話を
基にしてドラマ化されたものです。
そういえば、このときも泣いちゃってました。

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

主人公 ・彌三郎(やさぶろう=阿部 寛)は、終戦してまもなくスパイの
容疑をかけられ、ソ連軍に連行されてしまう。
妻・久子(黒木 瞳)、娘と離ればなれになって暮らすことに・・・
妻は、夫が生きていると信じ、待つこと50年。

彌三郎は、ソビエトを出ることが許されず、なんの喜びも感じずに
ただ生きていたところに、クラウディアという、ソビエト人の女性に出会う。
彼女も冤罪によって、刑務所に入れられ、しかもその間に夫が
再婚していた・・・

同じような境遇の二人は、お互いが一番の理解者になり、やがて
一緒に暮らすように・・・

しかし、彌三郎が病に倒れ、彼が次第に日本への郷愁が強まるのを
知ったクラウディアは、彼と別れることを決意し、日本へ帰れるよう
東奔西走。

戦後から50年後、念願の帰国を果たし、彌三郎は、妻・久子に再会する。

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞
 
ソビエトでの暮らしのシーンは、映画「ひまわり」('70)を思い出させます。
しかも、挿入曲まで、この映画のテーマ曲を使ってるし。
この曲を聴くと、胸がキューンと切なくなります。

でもこのドラマとは最後が違いますけどね。

結婚しているとはいえ、50年も会えずに待ち続けるなんて
それは、とてもつらいし、誰でもできることではありません。
再会シーンはとても感動的。

でも、私が号泣したのは、そこじゃないです。

一番泣いたのが、クラウディアが、彌三郎を愛するがゆえに
彼を日本に帰す決意をした場面です。
30数年、一緒に暮らしてきたのに・・・

すごい大きな愛ですよね。
自問してしまいます。
そこまでして相手を思いやれる行動をとることが自分にできるか・・・?

テレビのテーマは「夫婦愛」だけれども、ただ、やはり、忘れて
ならないのは、こういう状況を作ってしまったのは、「戦争」だと
いうことだと思います。

今思い出すだけでも、涙が出てきます。
昨日は、しゃくり上げて泣いてしまいました。

見てない方は再放送をぜひ!
[PR]
by rose_light | 2006-11-26 23:57 | 映画・本・TV

天狗フェスティバル@新宿御苑

新宿御苑で天狗フェスティバルが開催される、というので行ってきました。

アースデイとかアースガーデンのような、エコロジー、オーガニック
という自然と共生する生き方がテーマのイベントです。

野外ライブがあって、いつもの静かな新宿御苑とは違う雰囲気。

f0055799_21145199.jpgf0055799_21155780.jpg
左:GOCOO(和太鼓バンド) 右:渋さ知らズ(大編成オーケストラ)

着いたのがお昼だったので、まずは腹ごしらえ。
メルシィ商店の「そば粉のクレープ オーガニックジャムと豆腐メープルクリーム」
美味しかった♪

プラプラしていると、ちょっとした人ごみを発見。
看板には「大豆レボルーション」とあります。
日本人は豆腐、納豆、味噌、湯葉・・・と大豆のお世話になっているけれど
その多くを輸入に頼っているんですよね。
そこで、トージバというNPOが、遊休耕地を持つ農家さんと
*トラストを結んで、畑のオーナーとなった会員と一緒に大豆を
育てる活動をしている、というのです。

そして、今回は在来大豆(地大豆)の紹介、ということで、かなり格安で
4種の地大豆を販売していました。

f0055799_229897.jpg


私は山形県の「紅大豆」を購入。 
隣にいたオバサンは、千葉県産の「小糸在来」を購入。
食べてもいいけど、育ててもいいらしく、植えるのは、来年の夏至を
過ぎた頃がいいとのこと。
(関東で育てるなら、やっぱり関東産のものがいいみたいです)
このオバサンは、ちょこっとした農地を持っているらしく、来年植える
と言ってました。

売り場にいた方が代表者なんでしょうかね・・・
彼も、育てたことがあるって言ってました。
『なんかねー。ちょっとずつ成長していくのを見るのが楽しかったッスよ。
そうするとね、やっぱり、長い間かかってできた食べ物に対して、感謝の
気持ちがすっごくでてきたの。おもしろいよ~。』
そう言う彼の目はキラキラしてました。

天狗フェスティバル自体は、「なんかちょっと残念」 という感想だけれど
この「NPOトージバ」 に出会えたのはいい収穫でした。

でも寒かった~~~芯から冷えました。

*トラスト
種まき前に耕作料を農家さんに支払い、収穫の多少に関わらず
安心して耕作ができる農家さんを支える仕組み。
1反(300坪)で50口をトラスト、1反で収穫した大豆を50等分。
1口(6坪)=5千円で、種大豆オーナーになれるシステム。
[PR]
by rose_light | 2006-11-23 23:10 | エコ/ナチュラルライフ

波動測定やってみました

なーんてあやしいタイトルなんでしょう・・・

先日、恵比寿のSpaceSeedに行って、波動測定・調整の
セッションを受けてきました。

ポラリティセラピーは波動と関係しているし、最近楽しんでいる音叉も波動
なんですよね。

この波動調整のメニューは、チャクラのバランスを数値で表してくれて
さらにそのバランスも整えてくれる、というもの。

知らない人、興味ない人にとっては「マユツバ」的な話でしょうが
この測定機器を開発した人は、生物化学を学んだ、理系の方です。
ただ単に、「オーラ、チャクラ、波動」 というキーワードを盛り込んでいる
人ではありません。

マウスパッドくらいの器械の上に、右手を置き、第1~7チャクラの
器と動きを測定。

人によって、各チャクラの器の大きさは違うようで(それが個性)
その器の大きさや、その器に対して、どれだけ使いこなせているか
バランスとれた生き方をしているか、などを数値にして出してもらいます。
その他、生命力、霊的活力、感情的活力なども数値で出て、自分に
あった状態に調整してもらいます。

私の場合は、第6チャクラと第4チャクラの器が、通常の人よりも
3倍ほど大きい、とのことでした。
しかも、そこそこちゃんと使いこなせているとのこと。
『直感力とか、すごいんじゃないですか? ちょっと鍛えれば
チャネリングとかもできちゃいますよ。』
え~? 私が・・・?

ただ、器も小さく、動きが悪いのは、第5チャクラと第2チャクラ。
第5チャクラは、コミュニケーション、表現力。
第2チャクラは創造性。意識を現実に根付かせる力。

ということは、直感的に何か感じたり、インスピレーションが
湧いても、それを現実化する力が足りない。
どんなにいい設計図があっても、大工さんが不足していれば
家はなかなか建たない・・・といった感じです。

とっても納得。
というのも、自分がどんなセッションを行っていきたいのか、というのは
イメージできていても、それを書き出して、HPを作る、という作業が
なかなか進まないのです。
それで、かなり自己嫌悪に陥っていましたが、なーんだ、ちゃんと
エネルギーがそこに行っていなかったんだ~と思ったら、そんなに
焦る必要がなくなりました。

また、感情的活力、プロテクト力も高く、これは相手の感情に
左右されたり、引き込まれたりしない、ということで、カウンセリングは
合っていると言われました。(よかった~)

・・・などなどいろいろ統合すると、タロットや占星術なんかを
勉強して、クライアントさんに説明したりするのも向いている、と
言われ、ちょっと心が揺らいでます。
おもしろそう・・・
というか、タロットはちょっとやってるんですけどね。

そして、最後に調整。
電磁場の影響が少し高かったので、その数値を下げてもらったり
それぞれのチャクラの調整をしてもらったりしました。

調整前と後の「差」はよく分からなかったのですが、やはり
今の自分の強み、弱みを確認できて、今後の自分の方向性を
再認識できたのでよかったです。
[PR]
by rose_light | 2006-11-20 23:58 | ひとりごと

お出かけしません?

19日(日)、一緒に座禅を体験しませんか?

場所は総持寺(鶴見駅から徒歩7分くらい)です。

flowのメンバーと行く予定です。

私たちもそこには初めて行くので、どんな感じかお伝えできないのですが・・・
一度行ってみたいと思っていたけれど、機会がなかった方、一人では
行く気がしなかった方、よかったら、一緒に行きましょう♪

座禅って、確か、修学旅行のときに、やったのが最後かなぁ~
その時は、自発的ではなく、スケジュールに入っててやった、という
「やらされ感」ありありでやったので、今回はどんな風に自分が
自分と向き合い、感じるか・・・を楽しみにしています。

まぁ、そんな強い気負いはないですケド。。。

集合は12時 JR鶴見駅西口
参加費などは実費(700円)のみです。
現地集合、現地解散、という形ですが、お時間の都合つく方は
一緒にお茶などできたら・・・と思っています。

参加ご希望の方は、お知らせください♪

総持寺 日曜参禅会
[PR]
by rose_light | 2006-11-18 00:32 | お知らせ

屋久島 最終日

11月8日朝:
あっという間に最終日が来てしまいました。
帰りは、午後3時40分の便なので、今日も少しは観て回れそう。

Kさんは、行き損ねた白谷雲水峡へ、私は安房(あんぼう)へ。
安房は港町、という感じ。
ちょっと寂れたカラオケスナックなどが立ち並んでいました。

お店は点々とあるのだけれど、全体的に寂しい感じ。
歩き疲れたときに、かわいらしいカフェを発見。
カフェ スマイリー
f0055799_20405286.jpg
f0055799_20425281.jpg
中はテーブルが3つくらいしかなく満席だったので外で。
向こうに見えるのは港。

そうこうしてるうちに、Kさんとの待ち合わせ時間がやってきました。
この日、私が時計代わりにしているケータイの充電が切れて
いろんな人に時間を聞きまくってしまいました。
時間に縛られてる感じです。。。
バスに乗れないと大変ですからね~。

そしてお昼ごはんを食べた後、空港へ。
あっという間の4日間でした。

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

帰ってきてからの1週間、なんとなく、ゆったりしたスケジュールで
落ち着いていたものの、気付いたら、来週から何かと忙しくなりそうです。

今は12月4日の体験会に向けて準備中です。
麹町で音叉の体験会を開きます♪

詳しくはこちら♪

ホント、音叉っておもしろいですよ~☆
[PR]
by rose_light | 2006-11-15 22:00 | おでかけ

屋久島 3日目

11月7日朝:
この日も寒い~。
今日は、待ちに待った、白谷雲水峡~♪
ガイドさんが7時半に迎えに来るので、6時半に起床。

『私ダメかも・・・』
『え?』
『頭がガンガンする。。なんか風邪引いたみたい。』

Kさん、風邪を引いた、って・・・一番楽しみにしていたのは
彼女だったのに。。。

後ろ髪を引かれる思いで、ガイドさんの待つ、宿の入り口へ。

車がすでに来ていて、同行する女性2人とガイドさん夫妻が
待っていました。 今回のガイドはダンナさんのケンちゃん。
奥さんのナオさんに状況を説明すると、あとで薬を買って
部屋に持って行ってくれるとのこと・・・なんて優しいの~!

そして出発。

車内で、ケンちゃんが、『この中から好きなのを選んで』
と言って、袋を渡してくれました。 中には、流木とかで作った
お守り(?)のようなものが、何個かあって、私はこれをチョイス。
f0055799_13155584.jpg
『Kさんの分も選んでね。』
う~~!なんと優しい・・・

まずは、牛床詣所(うしどこもいしょ)で大山の神へのお参り。
塩・米・酒(確か)をお供えし、山への感謝と、みなが無事に帰って
来られるようにお祈り。

次に、不老長寿の水:益救雲水のお水を飲んで、山との波長を合わせます。
f0055799_13391134.jpg
そう、ここ屋久島では、どこでも安全でおいしいお水が
飲めるのです。

ようやく入り口に到着し、準備体操をして、いざ出発!

歩いてしばらくすると・・・
f0055799_13471782.jpgf0055799_14283981.jpg
f0055799_1441578.jpgf0055799_1452524.jpg
う~ん!美しい~♪
もっといいカメラだと良かったけれど・・・

ここ最近は雨が降っていなかったからか、苔はカラカラ。
なでなですると、フワフワして気持ちよかった☆

太くて背の高い木を前に、ケンちゃんから質問。
f0055799_13503078.jpg
『これって、樹齢何年くらいだと思います?』
『千年。』
『2千年。』
『ブー。 これは、切り株に種が着生して、成長してるんです。 
だから、下は太いけれど、上の方を見上げると、細いですよね。 
大人の男性が1人で抱えられる太さを100年とすると
まだこれは800年くらい・・・』

こんな質問を筆頭に、私たちが普段考えないようなことを
彼は、いろいろ質問してきました。
『苔は岩に生えてますね。 ではどこから栄養を取っているんでしょう?』
『水はどこからやってくるんでしょう?』
『どうして、「木」は、【木】と名づけられたんでしょうね?』

そこから派生し、波動のこと、直感について、月や地球、そして惑星の話。
生まれ変わり(過去世)、オーラソーマ、ポラリティセラピー
のことなど・・・いろんなことを、語り合いました。
おもしろすぎる!

でも話しながらも、ケンちゃんは、誰かが捨てたであろう、ゴミを
拾い集めていました。 彼は本当に山を、自然を、地球を愛している
人だと思いました。
(ゴミは持ち帰りましょうね~)

7日午後:
そして太鼓岩へ。
不思議なことに、私たちが行くと、誰もいませんでした。
(普段は10人くらいはいるようです)
f0055799_1511164.jpg
風が強い! 
でもずっとここにいて、この美しい景色を眺めていたい
という気になります。。。

しばし休憩し、復路へ。
あんなに長く感じていた往路よりも、あっという間に入口に
着いてしまった、という感じでした。

到着後、ヤクルトで乾杯!
ラベンダーの精油入りの蒸しタオルをケンちゃんが用意して
くれていて、首筋や顔に当て、ホッと一息。

疲れたけれど、爽快感がありました。

宿につくと、茶房で、Kさんがお出迎え。
熱は下がったようです。
ナオさんが薬を買ってきてくれ、さらにお花でお見舞い。
さらには、宿の奥さんからも、差し入れがあったらしく、Kさん感激。

私たち2人は、屋久島の人たちの優しさをたくさん
味わったのでした。

明日帰るのがもったいない・・・と思ったりしながら就寝。。。
[PR]
by rose_light | 2006-11-13 15:22 | おでかけ

屋久島 2日目

11月6日朝:
7時半ごろ起きて、前日買っておいたパンとインスタントコーヒー
で朝食。

さ、さむい・・・
フリースが必要なほど寒かった・・・

この日は、*「山の神祭り」ということもあって、山に入ることを断念。
Kさんと、どうしようか・・・とガイドブックをパラパラめくりながら
悩むこと30分。
私は尾の間(おのあいだ)、Kさんは、大川(おおこ)の滝へに
行くことに決めて、バスに乗り込みました。

有用植物リサーチパークで下車し、中へ。
トロピカルフルーツやハーブなどが栽培されてました。
f0055799_21501638.jpgf0055799_21513538.jpg
パパイヤやバナナの他に、パッションフルーツやハイビスカスも
ありました。 甘くていい香り~

6日昼:
お昼を食べに、いわさきホテルへ。
尾の間の町から歩いていけると信じ、歩くこと30分。
くねくねした上り坂を、汗をかきながら上り、ようやく玄関ロビーに到着。

ドーンと屋久杉オブジェと山がお出迎え。f0055799_2224154.jpg
すばらしい景観です!
この美しい景色を見ながら、お昼を食べました。
疲れも半減!

でも、のんびりしていられません。
バスは1時間に1本ほど。
逃すと面倒です。
時間を忘れて過ごしたいのに、時間に追われてる・・・

バスに乗ると乗客は私だけ。
なので、運転手さんとの会話も楽しめます。

『どちらで降りますか?』
『えっと、枕状溶岩で・・・。 バス停からどれ位かかりますか?』
『40分はみておいた方がいいと思いますよ。』
『え~!どうしよう・・・安房で降りようかな。』
ガイドブックを見ると、バス停から15分って書いてあるのに。。。

バスはどんどん進み、安房の近くまで来ると
『どうします? ここで降りますか?』
なんて優しいの!!運転手さん!

『せっかくなので、枕状溶岩に行ってみます。』
そういうと、桑野というバス停で降ろしてくれました。

枕状溶岩(田代海岸)は、溶岩が固まった岩場の海岸。
バス停からは15分ほどで到着しました。

誰もいません。
f0055799_2241321.jpg

私だけの空間。 贅沢です♪
ここで、しばし瞑想。
聞こえるのは波の音だけです。
あ~癒されるぅ~・・・

あ、でもまたバスの時間が心配です。
レンタカーだったら、こんなこと気にしなくてもいいのに・・・

6日夜:
Kさんと合流して、夕食を食べ、宿へ。
寒いので、囲炉裏に炭をいれてもらうことにしました。
あったかい・・・しかも、いい香りです。

また、宿の奥さんが、お風呂にろうそくも用意してくれました。
電気を消してゆっくり過ごせるようにと・・・

f0055799_22505776.jpg

ブレてて見にくいのですが・・・
窓はありません。
半露天というか・・・
これまた贅沢です。

明日は白谷雲水峡!
荷物の再チェックを行い、就寝。

*山の神祭り
山の神に感謝する行事。 特にツアーガイドなど、山の仕事する
人たちが、日頃の感謝を込めて御神酒を供えたりするようです。 
この日は山に入ってはならない日とされ、多くのエコツアーは
お休みです。
[PR]
by rose_light | 2006-11-11 23:20 | おでかけ

屋久島 初日♪

11月5日朝:
久しぶりの早起き。
6時前に起きて、7時半過ぎに羽田に到着。
改札を出てすぐのところに、DEAN&DELUCA (カフェ) が
あったので、そこで朝食。

羽田に来たのなんて、何年ぶりかしら~・・・というくらい
久しぶりです。

JALのサイトからチケットを購入したので、本来は、「チケットレス」で
ラクラクなはずなのに、屋久島へは、羽田→鹿児島、鹿児島→屋久島
と、チケットが分かれるので、一度に搭乗手続きをするには、チェックイン
カウンターへ行かなくてはならない、と教えられました。

しかも!
搭乗手続きをするには30番、荷物を預けるには32番、のように
わざわざ違うカウンターに行かなきゃいけないなんて! 
と~っても面倒。
昔からそうなのでしょうか?

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

Kさんと待ち合わせて、出発!
運よく、クラスJ に乗り、とっても快適な空の旅♪
1,000円プラスで、ちょっとリッチな気分を味わえます。

11時に鹿児島到着。
私にとって、初めての九州上陸。
そして、プロペラのついた小さい飛行機に乗り換え。
飛行時間はとても短く、ウトウトしていたら、屋久島に着陸してました。

f0055799_1315386.jpg
機内は2列×2列でコンパクト

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

5日昼:
1時過ぎに屋久島に到着。
荷物は、宿泊先である「仙の家」のご主人が経営する、空港近くの
屋久杉工芸「杉の舎」
に預け、宮之浦へ。
宿に電話をしているうちに、バスに乗り損ね、タクシーを
使うことになりました。 
なんと、私たちはレンタカーを借りずに行動したのです。
これが、ハードな旅の始まりとなりました。

屋久島空港→宮之浦まで3,000円ほど!

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

宿に着いたのが、4時前。
同じ敷地内に、工芸ギャラリーと茶房があり、そこでコーヒーを
頂きました。 やっぱり、縄文水で作られたコーヒーは味が違う(?)
f0055799_13541078.jpg
f0055799_1482513.jpg
右のテーブルは屋久杉を輪切りにして造られたものだそうです。
すごい存在感!

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

f0055799_1414437.jpgf0055799_14151694.jpg
チェックインして、玄関入ると、目の前に囲炉裏が。
そのお隣は8畳の和室。 木の香りがします。

この宿、「仙の家」は食事がついていないので、部屋で作るか
食べに行くかしかありません。
しかも、この日の夜は、ナイトツアーに参加予定だったので
宮之浦に行って早めの夕食をとりました。

せっかく屋久島に来ているのだから、と飛魚唐揚げ定食と
カメノテを注文。

f0055799_14273486.jpg
初めて見ました。 ホント、亀の手みたいです。
グロッキーだけど美味しかった♪
定食は、唐揚げのほかに、刺身、茶碗蒸し、漬け物、煮物、もずく
さつま揚げ、お味噌汁、ご飯という豪華なものでした。

 ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞ ∞∞∞∞∞

5日夜:

この日は満月。
うっすらと月が見えてきました。
f0055799_14404462.jpg
夜が近づくと、半袖Tシャツ&長袖シャツくらいでは
少し肌寒いくらいです。

7時半、ナイトツアースタート。

宮之浦から、一湊(いっそう)、永田いなか浜を抜け、灯台へ。
灯台に着いて、車から降りて空を見上げると、とてもきれいな
お月様♪

すっごく強い光を放っていました。
だって、街灯も何もないのに、月の光だけで、影が見えるんですよ!
f0055799_1448298.jpg

NHK朝の連続テレビ小説の「まんてん」のロケ地となった
ところも軽~く通って、10時前には宿に到着。

「仙の家」ご自慢の五右衛門風呂につかって就寝。
寒かった・・・
[PR]
by rose_light | 2006-11-09 15:25 | おでかけ

帰ってきました~

今日、東京に戻ってまいりました。

「疲れた~」 が帰ってきてからの第一声です。
日ごろの運動不足を反省してます。
とにかく、筋肉痛・・・

屋久島での日々と、東京に帰ってきてからのギャップが
大きいので、今日はあまり頭が働きません。

5日からの日記は、少しずつアップしていきマス。。。
[PR]
by rose_light | 2006-11-08 23:15 | ひとりごと