<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

目の保養

アルバイト先での出来事・・・

いつものように、お店番をしていると、どこかで見たことのある人が・・・

『いらっしゃいませー。』

あれ?
EXILE の人・・・?

名前は分からなかったけれど、絶対に、メンバーの人だ!

その時、お客さんは彼一人。
狭い店内を、ゆっくりと見て回る彼。

あんまりジロジロ見られないけど、やっぱり彼に目が行ってしまう。

カッコイイ~♪

話しかけたいけど、緊張してできない・・・

いつもの通り、フツーのお客さんに話しかけるようにすればいいこと・・・
変に意識しちゃいけない・・・そう思えば思うほど、声が出なくなってました。

そして・・・彼はお店を一周し、ペコリとお辞儀をして出て行ってしまいました。

『Nami さん、どーしたの? Nami さんなら話しかけてくれると
思ったのにぃ・・・』 とスタッフさん。

そーなのよ。
いつもの私じゃなかった。
胸はドキドキ、目がハートに!

いやー、目の保養になりました。
爽やかな方でした。

夜、帰ってからTVを付けたら、「バリバリバリュー」で、その彼が
映っているじゃないですか!!

すっごいタイミング♪
瞬間、「これって、運命かしら!?」なーんて、思ったりもしたけど・・・

今度会えたら、絶対に声掛けるぞ~
[PR]
by rose_light | 2007-06-28 23:59 | ひとりごと

自分ケアの日

最近なぜか時が経つのがとっても早く感じます。
なーんか、ちょっとお疲れ気味。

そういえば、前回、タイ古式マッサージを受けたのが4月で
それ以来、自分のケアしてなかったな~~

ということで、表参道へ。
まず、セルフエステのサロンへ。

松ヤニと天然のロウでできた温パックを、顔などに塗って、産毛や
古い角質を取り除いていくエステ。
遠赤外線の熱で毛穴に詰まった脂を溶かしだすのだそうです。

ハチミツのようにドローンとしているのだけれど、顔に塗って、時間が経つと
ゴムくらいに固まってくるので、それを剥がしていくと・・・産毛や毛穴の
汚れがどんどん取れていくのです。

毛穴スッキリパックを使ったことがある人なら、あの爽快感は
分かってもらえるのでは・・・?

違いは、顔の血行がよくなる、皮膚を傷めない(らしい)ということ。
ニキビ、シミ、そばかすにもいいらしいです

普段は美容液をつけることもなく、たまーに自己流でクレイ(泥)パックを
するぐらいなので、このサロンでのフェイシャルケアはとても大事。

塗っては剥がし、塗っては剥がし・・・を繰り返し、終わる頃にはお肌が
トュルトュルに。

気分よくなったので、今度はカラダのケア。
とはいえ、時間&お財布事情もあるので、今回はリフレクソロジーを選択。
しかも、優しいタッチの「英国式」ではなく、グリグリの台湾式にしてみました。

入り口には、私より一回り小さい、可愛らしい女性がお出迎えしてくれて
部屋に案内してくれました。

簡単なコンサルテーションを済ませ、施術スタート。
久しぶりの台湾式リフレクソロジー。

ヒャー!!痛い!
こんなに痛いもんだっけ?っていうくらい激痛が走りました。

TVの罰ゲームとかで、芸能人が足裏マッサージを受けるとき、反り返る
くらい痛がる姿をみて、「ちょっと大袈裟じゃな~い?」みたいに思って
いましたが・・・確かに痛い!

以前リフレクソロジーを習ったことがあるので、大体の反射区はわかります。
痛さを感じつつも、自分で分析したりして・・・

膀胱・腎臓エリアがお疲れ・・・?
消化器系も・・・?

『お手洗いとかガマンしてませんか?』
お、分析が当たってる。(ガマンはしてません)
ちょっとヘンなうれしさが湧いてきたりして。。。

45分しっかりとほぐしてもらいました。

やってもらって言うのもナンですが・・・やっぱり、痛いのってカラダに
緊張が走りますね。
股関節あたりで踏ん張ってる私がいました。

今も足の裏・・・土踏まずが痛いです。
好転反応? 揉み返し?
どっちにしても、立ち仕事で足が疲れていたのは確かなので
いい刺激にはなったでしょう。

 ∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞

それにしても、この女性の接客態度に感心。
距離感がちょうどいい。 
ま、ちょっと丁寧すぎかな?
でもイヤミじゃない。

私のクライアントさんとの距離感のとり方はどうかしら・・・?
とちょっと自分を振り返ってみたりしました。

明日もガンバロー♪
[PR]
by rose_light | 2007-06-25 01:07 | 美容・健康

やっぱりモネが好き

今日は、国立新美術館で開催されている、モネ大回顧展に行ってきました。

平日にもかかわらず、かなりの人・人・人!!
20代くらいのカップルから、熟年夫婦、元気のいいオバサマのグループなど
老若男女問わず、美術館はデパート並みの混雑でした。

モネってけっこう人気なのね~~

 ∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞

絵画に興味を持ち始めたのはいつだったか・・・

10年くらい前でしょうか・・・よくは覚えていないけれど
時間を潰すために入ったギャラリーで、スタッフの方に絵の説明を
受けたのがきっかけでした。

そこには、トーマス・マックナイトの絵が何点かあって、ぼーっと
観ていたら、『これ、いかがですか~?』 といきなり声をかけられたのでした。

絵なんてよく分からないし、別に買う気もなかったので、どうしよう・・・と
思ったのですが、その方は、絵の鑑賞の仕方(?)を教えてくれたのでした。

その絵は、ギリシャのような、南欧の海沿いに建っている家のベランダから
海を臨む絵だったのですが、その方は、この絵に描かれていない部分を
想像するのが観る人によって違うのが楽しい、と教えてくれました。

『例えばですね、この絵にはべランダしか描かれていませんが、この右側には
海まで下りられる階段があるかもしれないし、家の中では老夫婦がゆったりと
ソファーに座りながらこの景色を楽しんでいるのかもしれない。
お客さまは、このベランダの向こうはどうなっていると思います?』

なるほど・・・こうやって想像するのっておもしろい。。。

 ∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞

今回のモネ展もこんな感じで、いろいろと想像しながら絵を楽しみました。
1800年代にタイムトリップしたり、日本と似ている場所を思い出してみたり・・・

右脳がフル回転した感じ。

混雑していてごちゃごちゃしていたけれど、とっても優雅な気分になれた
1時間でした。

やっぱり、モネっていいヮ~♪ 
[PR]
by rose_light | 2007-06-18 22:55 | おでかけ

桑田、おめでとう!

桑田真澄、念願のメジャーデビュー。

TVで観る、桑田選手、いい顔してましたね。

私は、あまのじゃくな性格というか、やっかみからなのか・・・いわゆる
「ブランド」高校(PL学園)を出て、「ブランド」球団(巨人)というルートを
たどってきた彼を、中身を知らずに、毛嫌いしていました。

まぁ、アンチ巨人派なので・・・

でも、「メジャーへ行きたい!」と、巨人を退団して、アメリカに向かった
桑田選手を見て、『お、やるじゃん!』 と、ちょっと見直したりして・・・
(なぜか上目線からの発言だけど・・・)

でも、渡米後の試合で右足首負傷。
これから!、ってときにこんなことが起きるなんて。

これって、「日本に戻りなさい」っていうメッセージなのか、とか
考えましたけど、彼は黙々とリハビリ。

そして、メジャー復帰。

彼のインタビューの場面が何度も何度もTVで放送されました。

『うれしい』『感謝します。』『ありがとうございます』 という言葉が
彼の口から何度も出ていました。

あー、この人、ホントに野球が好きなんだなぁー。
観ている私も、なんかうれしくなって、にやけちゃいました。
おめでとう!!

怪我は、神さまからの質問だったのかも・・・
『これでもあなたは、野球を続けたいですか?』って。

桑田選手は、続けたいと思ったのだろうし、復帰できると信じていたから
こそ、苦しい日々を乗り越え、夢をかなえることができたのでしょうね。

私にもこれから、たくさんの質問がやってくるのかしら・・・?
『それでもあなたは続けますか?』って。
そんなときは、目先のことに囚われず、ハートからの答えを信じて
前に進みたい。。。

桑田、ありがとう!
[PR]
by rose_light | 2007-06-13 01:07 | ひとりごと

ストレスと骨のゆがみ

「腰痛、肩こり、頭痛を起こす骨のゆがみには、理由がある」 と
山口センセ

山口センセは、骨のゆがみとストレス・食生活・電磁波などの関係についての
データをとり続け、独自の理論を確立したカイロプラクター。
カウンセリングを取り入れた施術をしているようです。

「心と体には、深い関係がある」って考えは、セラピストやボディワーカー
だけでなくても、なんとなーく、一般の人たちにも浸透していると思いますが

山口センセが説いているのは、いわゆる、ネガティブな感情(妬みとか)を
持つことが骨をゆがませるのではなく、「そう感じることがイケナイ」と
抑え付けることが、骨をゆがませるということ。

ネガティブに思える感情でも、それにはワケがあってそう感じている・・・。
すべての感情はすばらしい・・・と。


私の友人Aさんが、山口センセのもとで、その奥義(?)などを学ぶことに
なったので、私はそのケースモデルとして、立候補。
クリニックに行ったのでした。

私のカラダのどこにゆがみがあるのかな~
それってどんなメッセージを私に訴えてるのかな~
「ゆがみがない」のがもちろんいいのですけど、やっぱり何か
あるほうが、おもしろいかも~。
ちょっとワクワク。。。

4ページにもわたる問診表に記入し、私のボディチェックがスタート。

足を片方ずつ上げ、どちらの足を上げたときに無理があるか・・・
首を左右に振るとき、どちらに振るときに、無理があるか・・・
などなどをチェック。

うんうん、左右のバランスがイマイチとれていないという感覚は
あったけれど、こうやって人にチェックしてもらうと、ホントに
よく分かるわぁ~~

そして、うつ伏せになり、顔を左側に向けた状態で、センセが私の左頬の
ラインや顔の際を、数を数えながらグリグリ押し始めました。

『何番目が痛いですか?』
『うーん・・・2番です。』

そして右側を向いて、同じようにグリグリ・・・

『こっち側はどうですか?』
『いえ、別に・・・』

どうやら、センセが数えていた数字は、脊椎(背骨)の反射区
だったようです。
私が痛がっていた「2番」とは、腰椎2番。。。

『右側が痛い人は、メンタル面で何か抑圧してるんです。
さすが、セラピストさん。自分の感情をきちんと感じてらっしゃるんですね。
左側が、食べ物です。・・・そして、2番が痛いということは・・・
原因はチョコレートですね。』

『は? チョ、チョコ~?』
『そうですねぇー。 チョコはどれ位ひんぱんに食べてます?』
『けっこう好きでよく食べてます。ついつい。。。あ、でも毎日じゃありません。』
『でも、週4日くらいはいってますよね?』
『・・・はい。 あ、じゃあ、週に1日くらいに減らせばいいんですよね・・・?』
『でもね、チョコって常用性があるので・・・』

凹み・・・

とりあえず、ゆがみの原因はチョコってことで、心(感情)の深~いところから
の叫びはなく、まぁ、それはそれでよかったのだけれど、なんか凹みました。

とりあえず、口が寂しいからと言って、チョコを口に放り込むのは止めよう。

原因をあっさりと突き止めてしまったので、Aさんにとってはあまり
ためにならないモデルでした。。。

3人で一緒にお食事にも行きましたが、そこでの会話も興味深かった~!

私が小さかったときに喘息にかかっていたこと、どちらかというと軟弱な
子どもだったこと、そして現在も、鼻炎気味だということを話すと、『それにも
ワケがある』 と、彼女の理論を話してくれました。

それに対しての課題も教えてもらえたし。 良かった良かった。
チョコのことは、少し忘れよう・・・
[PR]
by rose_light | 2007-06-07 14:44 | 美容・健康