<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鈴響の祭典

今日は、「鈴響の祭典」というイベントに行ってきました。

ガイアシンフォニー(地球交響曲)第六番の上映、その監督の
龍村仁さんの講演会、寺山心一翁さんの講演会、天女の舞と
シンギング・リン開発者のコラボ、さらには、参加者も加えての
108個のシンギング・リンの共鳴コンサート・・・と盛りだくさんでした。

シンギング・リンとの出合いは、数年前。
あるセッションを受けたとき、そのカウンセラーの方が見せてくれました。
その響きは、クリスタルボウルのそれのように、体中にグワングワンと
響き、とっても心地よいものでした。
欲しくなった・・・

でもね・・・お値段が。。。
造る過程を聞くと、それくらいの値段でもしょうがない、というか
それ位して当たり前とは思いますが、とっても手が届かないので
それ一回きりでした。

そのシンギング・リンをまた聴ける!しかも、ガイアシンフォニーの上映!
ということで、申込み、ワクワクしながら会場へ。

映画のなかで、シタール、ピアノ、ディジュリドゥ、クジラの歌声・・・と
さまざまな音が流れて、私の身体に染み込んでいく・・・

シタールっておもしろい楽器ですね。
初めて見た気がします。 聴いたことある音色でしたけど。
とってもインドっぽい。

ドレミファ・・・の音階に慣れていると、シタールのような違う音階が
耳にやってくると、なんか違和感がでるというか、多分、以前だったら
受け入れ難い音だったと思います。

私が使っている音叉も、一般のドレミファ・・・の周波数ではない=脳が、
「ん?何か違う!」と感じる=脳に新しい刺激を与える、というものですが
これに聞き慣れた(感じ慣れた?)おかげで、以前より柔軟性ができたの
でしょうね。

シタール奏者が2人出演していたのですが、親子だそうです。
父はビートルズのジョージ・ハリソンも弟子となった、ラヴィ・シャンカール。
撮影時は85歳くらいだったのでしょうが、もっと若く見えました。
娘はグラミー賞にノミネートされたこともある、アヌーシュカ・シャンカール。
彼女は25歳くらい。 とっても美しいです。

ということで、彼女はラヴィの61歳のときの子!
しかも、龍村監督のお話で知ったことですが、ノラ・ジョーンズもラヴィの
娘さんだとか。
ママが一緒かどうかは分かりませんが。

上映が終わって、天女の舞とか、シンギング・リンの演奏とかいろいろ
ありましたが、途中でコックリ・・・多分寝てました。
でも演奏は聞こえてましたけど。

退屈で・・・というのではなく、もう、違う世界(次元?)に飛んじゃった感じ
だったのでしょうか?
せっかくの演奏なのにもったいない・・・とも思いましたが、目はお休みしてたけど
フィジカルボディとサトルボディの両方できっちりと波動を感じ、共鳴していたと思います。

帰ってきてからも、まだ眠いので・・・今夜は12時前に床に着きそうです。
めずらしい・・・
[PR]
by rose_light | 2007-09-30 23:24 | おでかけ

セッションメニュー

☆ポラリティセラピー☆

「ポラリティ」とは極性を意味します。
地球に北極と南極があるように、人間のカラダにも(+)と(-)の
極性があります。
ポラリティセラピーは、この極性を利用して、エネルギーの流れと
バランスを整えるホリスティックな療法です。

エネルギー・・・?

目には見えないのに、私たちは、元気いっぱいの人を
「エネルギッシュな人」と言ったり、疲れると 「エネルギーを消耗した」
と言ったりしますよね。

人間の身体は、単なる固体(肉体)ではなく、エネルギーでできています。
感情も思考もエネルギー。
現在のあなたの肉体のパターン(姿勢、カラダの緊張、病気の症状など)は
あなたが持っている、ある一定の感情や思考パターンとセットになっています。

言いたいことをグッと我慢したり、ストレスを抱え込んだままに
していたりすると、エネルギーの流れが滞ってしまいます。
それが、痛みやコリなどとして現れているのです。

カラダの中に溜まったエネルギーのブロックを解消して、
本来のあなたの流れを取り戻しましょう~♪

エネルギーの流れが回復されると:

思考パターン、行動パターンが自然にポジティブな方向へ
感情エネルギーの解放
顔のくすみが取れたりも・・・♪ 


こんな方におススメ♪

肩こり、頭痛、不眠症、目の疲れ、便秘、ストレス、むくみなどが気になる
リラックスしたい方、自分らしくのびのびと生きたい方 など

施術は着衣のまま行います。
器具を使ったり、筋肉を無理に強く押したりしない、優しいタッチの施術です。

80分   10,000円
110分  13,000円
*お着替え、コンサルテーションのお時間を含みます。

お問合わせ、ご予約はこちらまで~♪

受けた方の感想:

「自分のカラダが管というか、パイプのような感じがしました。
その中を、何かが流れていったような気がしました。」
30代 女性

「なんでぐぐっと強く押してないのにこんなに気持ちいいんだろう?
と不思議でした。 最初に頭の施術をして頂いた時に、頭もすごく
気持ちいいのですが、眼にすごーくエネルギーがきたのを感じました。
あと、鎖骨の辺りの時は周辺の力が抜けて、ガクッとベットに沈み
込みそうな錯覚を覚えました。
どちらも私の無駄なエネルギーを解放してくれたような、そんな感覚です☆」
20代 女性


☆音叉ヒーリング☆

☆音叉って?☆
弦楽器など、音程の調律(チューニング)のときに使われるものです。
音楽に詳しい方には、このイメージが強いかもしれません。
私たちもチューニングすることによって、心身のバランスをとることができます。

チャクラのバランスを整え、エネルギーの流れや各チャクラの活性化を促し
チャクラ間のみならず、体内の各システム(神経系、循環器系など)や
細胞間の“橋渡し”(つながり)がスムーズになるよう促します。

私たちの身体の約70%は、振動を伝えやすい水からできているため
音叉の振動が、神経組織や細胞の隅々まで浸透していきます。

肉体レベル、感情レベル、思考レベルに働きかけ、ストレスや緊張を
解きほぐしていきます。

私が使う音叉はこの6本♪

f0055799_22575681.jpg これらの音叉は、「失われた音階」とも言われる、古代の周波数を使っていて、この音階は普段、私たちが耳にするドレミ~の音階とは全く異なっています。

この新しい刺激によって、古い思考・行動パターンを手放し、より自分らしい
生き方を選択することができるエネルギーが出てきます。

精神面(メンタル)、感情面(エモーショナル)、霊的側面(スピリチュアル)
の再統合にも活躍するヒーリングをお楽しみください♪

80分  10,000円
110分  13,000円
*コンサルテーションのお時間を含みます。

お問い合わせ・お申込みはこちらまで~♪

受けた方の感想:

「次の日お腹の調子が良くなりました。 とても気持ち的にも落ち着いて、
大きくゆれていたのがすーと整って、冷静に考えられ、グランディング
出来たと思います。」
30代 女性

「自分ではもうとっくに許して忘れていたはずの、今までフタをして
抑えていた怒りの感情が夢で大爆発しました(笑)。
怒鳴って叫んで凄かったです。でも目覚めてスッキリ。
自分の感情を数年たってようやく解放できました。」
40代 女性


☆音叉+ポラリティセラピー☆
サトルボディだけでなく、優しいタッチによる、パワフルな
コラボレーションセッションです。

110分  15,000円
140分  18,000円
*お着替え、コンサルテーションのお時間を含みます。

お問い合わせ・お申込みはこちらまで~♪

受けた方の感想:

「体中がぽかぽかして、終わった後には、体中に、はち切れんばかりの
エネルギーが満ちているのがわかりました。」
30代 女性

場所は、中目黒、荻窪、神楽坂、自由が丘、汐留などの
レンタルサロンです。   
[PR]
by rose_light | 2007-09-27 19:58 | セッションご案内

私はこうしてがんを自然退縮させた

去年からボランティアスタッフとして参加している
ほあーがんサポートの会。
例会は毎月第2、第4月曜日に行われています。

がん患者さんやご家族の情報交換を図ったり、西洋医学
代替・補完医療等の情報を提供したり・・・という会ですが、私は
主に、テーブルのセッティングをしたり、お茶を出したり、たまーに
エネルギーやポラリティセラピーの観点からの病気やがんに
ついての話をしたり・・・というかたちで参加しています。

ここ数ヶ月は日程が合わず、不参加続きの例会でしたが
前回(10日)に久しぶりに参加して、他のボランティアスタッフの
方々にあって懐かしく思ったり、新しい参加者(がん患者さんや
そのご家族)にお会いして、この会が着実に根を張っているのを
感じたり・・・と、なにかゆっくりとした時間を感じました。

・・・でお知らせですが。。。

今月24日(月)に、講演会があります。

テーマは、「私はこうしてがんを自然退縮させた」

講師は、水津征洋さん(がん研究所山口支部長)と、小島秀樹さん(弁護士)です。

お二人から、いかにして、がんの自然退縮させたか、というお話を伺います。

13時半~14時半(受付は13時より)

場所は、横浜市市民活動支援センター4階 (電話045-223-2666)
(桜木町駅より徒歩7分です。 地図はこちら
参加費:1,000円

質問・お申込みはこちらまで。
[PR]
by rose_light | 2007-09-18 23:52 | お知らせ

ヒーリングフェスタへ

久しぶりのお出かけ。

荻窪でさまざまなヒーリングを体験できる、イルミネーション
ヒーリングフェスタのイベントに行ってきました。

瞑想会や時間をはずした日の祭りでお世話になっている、みきさん
参加ということで、なんか安心です。

会場に入ってすぐ、みきさんを見つけました。
良かった・・・

すぴこんのようなイベントのときって、だいたい、すっごく混むんですよね。
開場前からずら~っと並んでいたり。。。
そういうことを想定して、開場後すぐに入場したのですが、今日は3連休の
真ん中ということもあってか、すんなり入ることができました。

驚いたのは、アルバイト先のスタッフさん2人に会ったこと!
まさか仕事以外のイベント会場で会うなんて・・・

でも、仕事(ヒーリンググッズ扱っている)が仕事だけに、興味の方向性は
一緒なわけで、当たり前といえば当たり前か・・・

 ∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞

主催者がアメリカ人の方ということもあってか、ヒーラーさんたちの
半分が外国人。

クラニオセイクラル、リフレクソロジー、ストーンヒーリングのほか
オーラソーマ、エンジェルカードリーディング、タロットなどもあって
どれを受けようか迷ってしまいます。

せっかくだから、外国の方のセッション受けてみようかなぁ・・・
と思い、まず最初に“Drisana”というチベタンヒーリング(?)を
受けることに。

レイキにように、身体に軽く触れるヒーリング、というのは覚えていますが
レイキとの違いや、特徴は・・・忘れました。 確か、「レイキよりも大きな光の
エネルギーが流れる・・」みたいなことを言っていたかしら。

受けた感じ・・・違いは分かりません。
何か自分の中のエネルギーが動いている、っていうのは感じたんですが。

今日は入場者が少なくて、そんなに焦らなくても、「次は何を受けようかなー」
と思えるくらいの余裕があったのが良かったです。

合間をみて、みきさんと雑談。
というか、ほとんど、私の話を聞いてもらってたような気がします。

やっぱり、オーラソーマのセッション受けたい!と思い、雑談から
コンサルテーションへ。

今回はブルー系を多く選んでいたにもかかわらず、最後のボトル
(未来の可能性を意味するボトル)はピンク系。

『Namikoさん、ホント結婚するのかもね・・・』
えっ!?

ついさっき、『みきさん・・・なんかねぇ、相手もいないのに、来年には
結婚かなぁ、なんて思ってるんですよね、私・・・』
と話したばかりだったのです。。。

ま、こればかりはどうなるか分かりませんね・・・

最後に受けたのが、ルミカード(Rumi Card) リーディング。
あんまりしっくりしたセッションではなかったのですが、今回受けた
3つのセッションでの共通のテーマは、「自信を持つ」ということでした。

自分で分かっていても、「はい、今日から自信を持ちます」と
簡単にできるほど、自分の思考パターンは動きません。
(簡単にできるなら、もうすでに数年前に解決していたことでしょう)

今日のアドバイスでやってみようと思ったのは、
「(うまくいっている)・・・のフリをする」ということ。 
たとえ、「△△だったらどうしよう」と思っても、うまくいっている
と思い込む。

とりあえず、やってみます。 
(いつも1日くらいでギブアップしてしまうので、もうちょっと続けてみないと)

 ∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞

ルミカードのリーディングのときに、『あなた、英語できるなら
英語でのセッションもやればいいのに。
英語でセッションを受けたい外国人はいっぱいいるのよ』
と言われ、ちょっとビックリしました。

そうねぇ。。。そういうやり方もあるのね。。。

次回のヒーリングフェスタに音叉ヒーリングで参加させてもらえそうです。
楽しみ。 自信ね!自信!

外国人の入場者もいたので、新たな挑戦で、新たな方向性が見えてくるかも・・・
[PR]
by rose_light | 2007-09-16 23:27 | おでかけ

ガイアシンフォニー

ずっと前から気になっていた、ガイアシンフォニー(地球交響曲)を
「水曜日の1,000円デー」 を狙って、とうとう観に行ってきました。

私が観たのは、第五番。

                 「すべての存在は繋がっている

新しい生命の誕生には必ず陣痛の苦しみが伴います。この苦しみは母なる星ガイアが、わが子人類のために、35億年の歳月をかけて用意した慈しみの苦しみです。
 この苦しみの先にこそ、健やかな新しい生命の誕生という至福の喜びが待っています。21世紀の初頭に生きる私たち人類は、まさに陣痛の最中にある、といえるかも知れません。
「第五番」は、20世紀末に受胎した地球交響曲の魂が母の子宮の中で、「第一番」~「第四番」と順調に成長し、21世紀初頭の陣痛の苦しみを経て、今まさに新しく生まれ変わろうとする映画です。赤ちゃんは元気です。お産も自然分娩です。この新しい生命の誕生と成長を温かく見守り、我が子として育てて下さることを心より願っています。
                                     監督 龍村 仁


西表島在住の草木染織作家である、石垣昭子さんをはじめ、ダライラマや
ハンガリーの哲学者などが出演し、さまざまなメッセージを送っています。

バタフライ理論(ブラジルで蝶が羽ばたくと、テキサスで台風をもたらす)を
用いて、「一人ひとりの力が弱そうに見えても、それは、大きな変化をもたらす
可能性を持っている」 と言うメッセージが印象的でした。

そして、龍村監督夫人の出産シーン・・・。
自然分娩で、ということで、分娩台に上がるのではなく、普通のお布団の上に
クッションを重ねて、四つんばいになって、それにしがみつきながらの出産。

その場には、小学生くらいの息子さんと、ご主人の龍村監督の姿も。

頭がにょっきり出てくるところまで撮られています。
そして、全身が・・・

息子さん泣いてました。
私もちょっと泣いちゃった。

出産の場面って感動です!
この地球にやってきた新しい生命に感動するのでしょうか?

それとも、「すべてが繋がっている」と魂レベルですでに知っているから
この画面に写る、新しい生命とのつながりを感じて、喜びを感じ、涙するのでしょうか?

 ∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞ 

物語のように、特に結末があるわけではないので、観終わった後も、なんか
ぐるぐるとといろんなことが頭に浮かびました。

今週は三番、四番、五番を上映していて、「今日は1,000円デーだから
続けて3本観ちゃおう!」 なんて思っていましたが、1本観て、その余韻にひたり
消化するのには時間が必要・・・ということで結局、1本だけ観て帰ってきました。

これ、オススメです。

今週、阿佐ヶ谷に立ち寄れる方は是非!
ラピュタ阿佐ヶ谷
[PR]
by rose_light | 2007-09-06 16:17 | 映画・本・TV

愛叶う

私がマクロビオティックに興味がある(実践はしていませんが)ということで
ある方から、小倉充倭子(みわこ)さんという方のイベントのチケットを
いただきました。

初めて聞く名前で、いったいどんな方なんだろう、何のイベントだろう・・・
とネットで検索してみることに。

彼女自身か開設しているホームページを見つけられず、見つけたのは
彼女の著書「天才と、キンピラゴボウの作り方-子どもを自然に天才にする法則
と、彼女についてのちょっとしたコメント。

多分、講演会かなー、なんて思いながら、会場である、杉並公会堂に行き
当日、初めてどんなイベントなのかを知ったのでした。

看板には、
「愛叶う 小倉充倭子の還暦の祝いとファミリーコンサート」のような
タイトルが。

ファミリーコンサートぉ?
正直、失敗した、と思いました。 (後悔まではいきませんでしたが)

会が始まり、ステージに彼女と3人の男性がやってきました。
彼らが息子さんだのようです。

彼らのアイディアで、この会を開催することに決め、しかも、この日のために
3人で母親についての本まで書いて自費出版したというではありませんか!

ネットでの情報によると、3人は、中学2年生くらいまでは、ずっとオール1だった
ようで、でも3人とも大検に合格し、長男はイタリア国費留学も果たしている
チェロ奏者・・・と、みなさん頭良いのです。

彼女の信念は、子どもは「愛」と「食」(玄米菜食)が必要!というもので
独自の教育観で3人を育て上げました。

そして、演奏開始。
バイオリン、ビオラ、チェロでの演奏。
でも・・・音楽素人の私にさえ、ハッキリと分かる、音のずれ。
ん?なんか不協和音?

やっぱり(来たのは)失敗だったかぁ・・・?

でも、4人とも幸せそう、というか、よくもまぁ、男の子3人(私とほぼ同世代)
ともニコニコしながら母親と目を合わせて演奏できるなぁ・・・なんて思ったりもしました。
(しかも作り笑いではないのです!)

私は、親に睨み付けることはないにしても、にっこりスマイルで見るなんて
できないでしょうねぇ・・・

これが、菜食者の顔というか・・・みなさん、穏やかで優しそうで、聡明な
雰囲気を醸し出してます。 って、あんまり決めつけない方がいいかしら?

彼女と三男のデュオ、次男のピアノと三男のビオラのデュオ、長男のソロ・・・
と入れ替わり演奏が続きました。

途中、ちょっとした話なんかも入り、この感性豊かで愛にあふれた家族も
はじめから順風満帆に来たわけではなく、DV、離婚、事故、病気など・・・を
乗り越えて今に至ることを知りました。

そして、最後の曲、「G線上のアリア」の演奏。
テクニックはお世辞にも最高とは言えません。

が、4人の響きが、とても心地よく、彼らが困難を乗り越えてきた今までの
道のりが頭に浮かび、彼女がいかに息子たちを愛し、信じ、愛されて生きてきたか
が感じられ、それが音と共に私のハートにガンガン響いてくるではありませんか!

いわゆる、美輪さんのコンサートで涙する観客・・・と同じような愛の波動を
感じたのかもしれません。
会場がすっぽりと愛に包まれた感覚。 浄化ってこんな感じなのかぁ・・・

胸がいっぱいになり、涙が溢れそうになりました。

すばらしかった!

会が終わり、彼らが書いた本を借りることができました。
まだ読んでいる最中ですが、3人の「あとがき」を読んで、またジーン。

お母さん、貴女の還暦を、貴女の家族として一緒に迎えられることを非常に
うれしく、誇りに思います。これからもますますお元気で、至らない息子を
導いてください。」


あなたの愛情に支えられてきた人生を思い返し、感謝の気持ちでいっぱいです

貴女が還暦を迎えるということで感じることといえばまず大きな感謝です。 
そして大きな大きな貴女の六十才からの新生への楽しみです。


充倭子 愛叶う より抜粋-

愛叶う ― これは、充倭子さんが好きな言葉のようです。
ホント、愛が叶ったのねぇ・・・
[PR]
by rose_light | 2007-09-01 01:13 | ひとりごと