忘れた頃にやってくる

先日、元同僚のI子の家に遊びに行きました。

駅で待っていると、以前と全然変わらないI子が、バギーを
押しながらやってきました。
上の子は幼稚園にいっているということで、下の子を連れてのランチ。

最近できたばかりのレストランへ連れて行ってもらい、ちょっと
リッチなランチを堪能。 
ご馳走してもらいました。 ありがとう!
(ダンナに、久しぶりだから、ちゃんとご馳走するように言われたそうです)

『あのね、うちのダンナがね、「会社で人を探してるんだけど、どう?」
って言ってるんだけど。 どう、働かない? ほら、Namiちゃんって、株も
債券もやってたじゃない? 経験あるんだから! で、今何してるの?』

『昔の仕事とは、まったく畑が違うよ。 今はねー、ま、簡単に言ったら
ヒーリングっていうか、セラピーというか・・・』

彼女の話によると、もしかしたら、来年、海外転勤になる可能性が
あり、ダンナの抜けたスポットに、サポートで誰かが必要になる
ということでした。
そこで、私に白羽の矢(?)が当たったようです。
(ランチご馳走の目的はこれ?)

 ∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞

私が、ヒーリングやエネルギーワークの仕事を通して、自分を表現
していきたいと思ってから5年、「会社員生活」というものから離れて
から3年前。。。

その間は、私は、エネルギーワークとかに向いているのだろうか、
私の選択はこれで良かったのだろうか、と悩む日もありました。

おもしろいもので、迷っていたり、何か一区切りついて、次のステップへ!
というときに限って、偶然、前の会社の人事部の人に会ったり、突然
元上司から連絡がきたりして、『人を探しているんだけど、やらない?』
という、甘~い誘いが来ていました。

とりあえず、話だけ、ってことで話を聞くと、かなりの好条件を提示して
くるわけです。 

まるで、天からの「お試し」

「さぁ、それでもあなたは、選んだ新たな道を進みますか?
それとも、以前の仕事に戻りますか?」

確かに、私の実績や仕事ぶりを評価してくれていたからこそ、
そういうお話をいただける訳だし、とてもありがたいことです。

でも、丁重にお断りしてきました。
私は、選んだ道を進んできたのでした。

そして、今回のI子からの話。

最近の交友関係といえば、アルバイト先の人たちとか、ヒーリングや
カウンセリングに携わっている人たちが主。

結婚してママになってたり、会社でバリバリ働いている人たちとは
自然に会う機会が減ってきていたので、会社の話が、遠~い日の
ように感じます。

そんな、忘れた頃にやってきた、「お試し」

先月、私の中で、一つの区切りがあり、心新たにガンバロー!
と、不安と期待が入り混じっている、まさに、そんな時のお試し。

I子には、金融の仕事をするつもりはない、と伝えました。


もちろん、この話によって、心が揺らいだ、ということは全く
ありませんし、「お試し」というほどのものではなかったかも
しれません。。。

 ∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞

それにしても、I子は、すっかりママになっていました。
2歳と5歳・・・やんちゃ盛りの男の子たちは、とってもかわいくて
いい子たちでした。

彼女も妻として、母としてがんばってるんだなぁ・・・

 ∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞

次にまたどんな形でお試しがやってくるか分からないけど
私もガンバローっと。
[PR]
by rose_light | 2007-10-13 21:05 | ひとりごと
<< クリニックオープン♪ フラガール >>